宅建の勉強時間は「100~300時間」とケースバイケースで個人差あり

宅建試験に合格するためには、どの程度の勉強時間を想定するのがよいのでしょうか?
ネットで情報収集をする限りでは「短時間で合格!」「100時間でOK」やら、一方では「300時間は必要」やらと、なかなか情報が錯綜している状況・・・。
これでは、宅建勉強時間の本当のところなど掴めるはずもありません。

d891af9db8b3413b461cb123fc9fe7d8_s

宅建試験に向けた勉強時間には個人差がある

そもそもなぜ、宅建の勉強時間に対する考え方にはこんなにも様々な情報が溢れているかといえば、ずばり「必要な勉強時間が人によって様々だから」です。
ひと口に“宅建試験の受験生”といっても、そもそも持ち合わせている知識が異なりますし、資格試験への慣れや勉強方法の進め方にも差があります。
色々な受験生がいる中で、各媒体がそれぞれのタイプに応じた学習法を提案しているからこそ、結果として“宅建の勉強時間”についても一括りに出来ず、様々な数字が提示されてしまうのでしょう。

ある人が「宅建試験には○時間位の勉強時間で合格できたよ」と言っても、アナタも同じ時間数で合格できるかと言えば必ずしもそうではないのです。

100時間~300時間の枠の中で、自分に必要な学習時間の確保を

上記を踏まえた上で「宅建試験の勉強時間」を語るなら、概ね「100~300時間」ほどの時間数で、自分に必要な量をこなすのが妥当であると言えます。
具体的な時間数を事前に見積もることは難しいと思いますが、イメージとして「宅建は生半可な勉強量では合格できない試験である」ことを自覚した上で、日々継続して学習に取り組むのが得策です。

勉強の始め時としては、だいたい試験日の8~7ヵ月前が適切だと思います。
1年以上も前から対策を始めても中だるみが心配ですし、かといって半年を切った時期では対策が間に合わずに本試験を迎えることになってしまう可能性があります。

一日あたりの学習時間は「2時間」程度確保できるのが理想です。
もちろん、知識量に応じて若干前後させることは問題ありませんが、毎日コンスタントに続けることが大切です。

≪ 前に戻る  TOPページへ ≫

>>最短で宅建に合格する勉強法<<